このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌の基本は洗顔にあり

美しく若々しい、トラブル一つない赤ちゃんのような肌を目指し日夜スキンケアに励む女性達。
でも残念ながら、スキンケアどころか間違った方法でお手入れをしているために、逆に肌に負担をかけてしまっている場合もあります。
高い化粧水をいっぱい使ってお肌に水分を浸透させたり、有効な成分が入っている美容液をたっぷり塗ったりも、大切なのですが、基本は「洗顔」です。
正しい洗顔方法とは、メイクをしている場合は、クレンジングジェルやクリームを使ってくるくるとマッサージをしながら落とします。
そして、洗顔はゴシゴシこすらずに、泡で丁寧に汚れを包んで落とすようなイメージで洗います。
お肌のためには、刺激の少ない洗顔石けんを使いましょう。
肌の専門家である皮膚科医も固形の洗顔石けんのほうが、成分が肌に優しいと勧めています。
泡立ちの良い洗顔フォームなどには、合成の界面活性剤が入っているものも多く、泡立ちは非常に良く使い易いのですが、汚れが落ちすぎて肌にとっては必要な脂分まで根こそぎ取り去ってしまう場合があります。
そうなると肌は潤い不足の状態になり、それを続けることで脂性になったり、毛穴が開いたりと美しい素肌とはほど遠い状態に…。
洗顔用の石けんを選ぶ時は、余分な成分の入っていない無添加の弱アルカリ性の製品を選びましょう。
石けんだと上手く泡立てられないという人には、泡立ち用のネットがお勧め。
それを使って泡立てるとモコモコの泡が素早く作れるので、使い易いのです。
Copyright (C)2018アンチエイジングに繋がるスキンケア術.All rights reserved.