このエントリーをはてなブックマークに追加

ちゃんと乳液、使うか?

ちゃんとスキンケアには気を配っているという人や、コスメフリークで基礎化粧品にはちょっとうるさいのよ!という人でも、「乳液?使ってない」という人がいます。
化粧水を顔に叩いて、その後美容液をつけるから大丈夫…と思っている人も少なくないようですが、ちょっと待って!せっかくたっぷりとお肌に染み込ませた化粧水も、美容液も、そのままではどんどん乾いて逃げて行ってしまいます。
乳液は、化粧水や美容液を蒸発するのを防ぐ、いわば美肌成分や潤い成分が逃げて行ってしまわないように、お肌に蓋をする役目をするのです。
化粧水→美容液→乳液の順番でつけるのが正しいスキンケアの方法。
美容液の成分は水溶性がメインで、乳液は油分がメインなので、乳液の後に美容液をつけるのは間違いです。
まず、洗顔後すぐに化粧水を手に取って叩かないで、ぎゅっと顔を包み込んで丁寧に押さえるようにしましょう。
何度かそれをくり返すと、肌に化粧水が浸透して、モチモチと弾力が蘇ってくるのを感じるでしょう。
もうお肌が十分に潤って「これ以上は飲み込めないよ」(もうこれ以上は浸透しない)という感じになったら、美容液を丁寧に、気になる部分を中心に塗り込みます。
そして最後に、乳液を手のひらにとり温めるようなイメージで、同じように手のひらで包み込むようにしっかりと押さえます。
じんわりと顔が温まるような感じになるまで押さえましょう。
そうすると、肌に浸透した水分も栄養分も蒸発して逃がすことなく、乳液できっちりと閉じ込めてくれるのです。
Copyright (C)2018アンチエイジングに繋がるスキンケア術.All rights reserved.